1513665154349

ウイングスSは12月16日土曜日ベスト8をかけてSIGE熊本さんと対戦しました。

今大会の一つの山と踏んでいたこの一戦。

SIGEさんの特徴から1対1、2対2を中心とした攻守の切替のスピードと球際の激しさに拘ってトレーニングをしてきました。守備のところでは一定の成果が見られ、ピンチはあったものの簡単に崩されずボールを奪う場面は想定以上にできていました。

しかし、SIGEの早いプレスに慌ててしまい、普段トレーニングで行っているオフでのポジショニング、受ける意識、タイミング、判断のスピード、ボールコントロール、正確なキック等、ことごとく出来ませんでした。

結果、守備でどんなに頑張ってボールを奪い返しても簡単に蹴り返したり、奪われたりで攻撃の糸口は見いだせませんでした。

今大会を振り返り、ベスト16に来ていたどのチームもベースとなる技術・戦術が例年よりワンランク上のレベルに感じましたし、それに加えて、どのチームよく走る。ウイングスは現時点では遅れを感じました。

SもKも残念な結果に終わりましたが、再度、技術・判断のスピード・走力の基本に立ち返って日々のトレーニングで磨くのみです。6年生が少ない為、まずはフジパンのメンバーに選ばれるよう水曜日からのトレーニングを全力で行ってほしいですね。

Wings対SIGE

0-0 PK(1-2)敗退

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。